ホームページのデザインは年々進歩しています。

特にここ1年ぐらいはそれ以前の非常に細かくバナーを散りばめたデザインから、1ページに図形がいくつかポン、ポン、ポンと載っていてその中に短い文章がある。 そして、バックグラウンド(背景)が動くといったサイトが流行っているようです。

しかし、こういったサイトは売上を作り出す上では不利になります。
何故ならば、Googleのサイト審査登録のロボットと呼ばれるプログラムは図形の内容を判断出来ないからです。
そうするとロボットは検索キーワードを拾ってくれないので、そのページが色んな検索キーワードでヒットしなくなります。

さて、このようなサイトの対極にあるのが伊藤哲哉さんの「かかってこい英会話」というサイトだと思います。
このサイトはこれでも(失礼,W)昨年HTML版からWordPress版にリニューアルされたそうです。

実はこのサイトこそ月に数十万円から軽く百万円以上を売上げるサイトなのです。

これが月収数百万円を一人で稼ぐカリスマアフィエイエイタの伊藤哲哉さんが最初に作ったサイトです。
見ただけでこのサイトと同じく『賢威』を使用してサイトを作っておられる事が分かりますね。

これだけページが多いと、色んなキーワードで検索してヒットする事は間違いないでしょう。

実はサイト作成で大切なのは『説得力』だと言えるでしょう。
しかし、それ以上に大切なのは見込み客の方に見てもらるかどうかです。

どんなにデザインの優れたサイトでも、お客さんが来なければ意味は無いのですから。
そしてそこまでが一苦労なわけで、そのハードルは年々高まっていると言って良いと思います。